アソビクラフト

生きることは作ること。作ることは遊ぶこと。

サービス精神があり過ぎるとエンタメで自分を飾る病になるんじゃないかと思った

どうもこんにちは。元ベテランニート会社員の秋山です。

 

サービス精神があるのはいいことと思われがちなんですが、いき過ぎると「なんでもコンテンツにしないと気が済まない病」に陥るんじゃないかな?と思ったので自分の中で整理するためにもこの記事を書いています。

 

 

エンタメで自分を飾るってどういうこと?

どういうことかというと、例えば事務連絡とか、会社内で人に見せる日報とか、そういう人に触れることのある場所において過剰なまでに面白さや楽しさを提供してしまうこと。つまりその必要がないような場所でもコンテンツやエンターテイメントにしてしまうことです。

事務連絡用の掲示板に四コママンガを書いてみたり、業務日報に笑える一言を書いてみたり。それ自体はとてもいいことなのですが、いき過ぎると自分を見失うことにもつながりかねないとおもうんです。

 

 

 

そうおもったきっかけ

それに気づいたのはユーチューブで 「匿名ラジオ」というネットラジオ番組を聞いたのがきっかけです。

匿名ラジオ/#24「おたよりコーナーと両津勘吉のモノマネ」 - YouTube

 大人気ブロガーのアルファさんが出ているので知っている人もいるかもしれませんね。

 

 

アルファさんといえば異次元の発想力と驚異的な行動力によって生み出される思考の限界を突き抜けたパラレルワールドのような記事を書く超絶面白ライターです。そんな人がラジオの中で指摘をうけたのがが「エンタメで武装しすぎ」というツッコミ。

 

 

詳細は省きますが、先ほど書いたような内容です。人に面白さを提供することで自分の内面を曝け出さないようにしているんですね。なんだか太宰治の『人間失格』の主人公を思い出してきました。

 

 

 ほんでなんでこの記事をぼくが書いたかっていうと、僕にも似たようなところがあるからです。アルファさんと比べるのも次元が違いすぎて失礼ですけど、気がつくと「あれ?みんななんでそんなリラックスした感じでやってんの?」みたいに思うことがあります。

 

 

たとえば僕いる会社では社員の何人かで曜日ごとに企業ホームページのブログを担当しています。そして僕もそのブログ担当の1人なのですが、最近ふと自分のブログ記事と同僚のブログ記事を比べてみると、もう明らかに違うんです。

 

 

どのくらい違うかというとツイッターとインスタくらい違います。まあもっとわかりやすくいうと、僕の記事は「◯◯な人におすすめな△△のご紹介」とか「もっと◯◯するために必要なこと3つ」などのどこかのキュレーション記事みたいなタイトルばかりになっていたんです。

 

 

まあ僕が基本的にウェブが好きでそういった記事をよく読んでいたというのもあると思いますが、原因はそれだけではないでしょう。

 

 

そうなってしまう理由は?

今のところ原因として考えているのは2つ

  • サービス精神が豊富過ぎる
  • 自分をさらけ出す自信がない

ということ。

 

サービス精神の方はまあいいとして、自信がない方はかなり問題です。そういえば行動力はある方なのにやたらとくよくよしてる気がする。

 

 

解決策は?

ぶっちゃけこれだって言える解決策は浮かんでないです。尊敬する人のブログ記事を読んだり、身近な人に聞く限り

  • いろんな経験をしていろんな価値観を得よう

ていうのが一番いいのかなーと、今のところは思っています。

まあブログ書いてればそのうちネタがなくなって嫌でも何かしますよ。笑

 

 

 

 

 

最後に

というわけでこれから役立つことも立たないことも書いていくしやっていくつもりです。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ではまたー!

 

 

スポンサードリンク