自由研究は終わらない

個性とわかりにくさの境界線をさまよい歩くブログ。

22歳まで11年間ニートをしてきた僕が脱出できた具体的経緯

 

f:id:kenichiakiyama:20170520181549j:plain

みなさんこんにちは!

元ベテランニート社会人の秋山です!

 

この記事をクリックしたということは多少なりニートに関心があるのだと思います。

 

現在は新卒1年目として、社会の荒波に鳴門海峡のうずしおに浮かび上がる真鯛のように揉まれているぼくですが、小学校二年生までは全く学校に通わないいわゆる不登校、そして高校卒業後の4年間は360度上下左右どこから見ても完全なニートでした。

 

この記事では昔のぼくのようにニートに苦しみ脱出しようとしている人や、その周りの人へ向けて何か役立つことがあればと思い、ぼくがニート生活を脱出できた具体的な経緯を書いていきます。

 

 

ニートになるまで

 

それではまずニートになるまでの経緯をざっくり説明します。

 

小学校2年生の秋くらいから学校に行くのをやめてしまいまして、その復帰することはなく、中学卒業まで不登校を続けました。

 

不登校になったきっかけとしては「学校になじめなかった」っていうのが一番適切だと思います。よく聞かれるんですけど特にいじめとかはなかったんですよ。まあ小学校2年生ですし。

 

なのでもう学校自体あわなかったんじゃないかなーと思っています。

 

中学を卒業してからは一応高校にすすみ、綿密な計算の上に成り立つ出席日数ギリギリの高校生活を見事に完遂し、晴れて高校を卒業する時には「はー。よーーやく終わったわー。寝よ!」と言う夜勤明けのようなテンションになっていました。

まあ楽しくはなかったです。笑

 

 

 

ガチニート期間

 

さて問題はここから。中学までは「不登校」と名乗ることが許され、世間の風当たり的にも春の高原に吹く風のような優しさですが、高校を卒業してからの肩書きは「ニート」となり、世間の風は北海道の地吹雪のように厳しくなります。

 

まあ僕はそんなこと一向に意に介さず、日々

「起きる→漫画→ニュース→読書→お笑い→寝る」

のルーティーンをたどっていました。

 

気が向いたら近所の湖を自転車で一周するような謎の行動力を発揮する毎日。

 

そんなことをしているうちに、あっという間に4年が過ぎ去り、気づけば22歳の冬となっていました。

 

 

ニートを脱出できた理由

その4年目の冬にあることに気づき、どうにかニートを脱出するのです。

 

そのあることとは「人はいつか死ぬ」ということ。

いやどっかからパクってきたんじゃないです。本当にそう思ったんです!

 

中学生や高校生のころに、「10代が永遠に続くような感覚」を持っていたことはないですか?

このままずっと学校に通って、同じような毎日をずーーーと繰り返すんじゃないだろうかという感覚です。卒業も進学も先にあるのはわかってるけど、でもなんか現実感がない。「つーかホントにあんの?」みたいな感覚。

 

ニートをしている頃は無自覚にそれと同じような状態になっていました。

やってみたらわかると思いますが、ニートは毎日にほとんど変化がなく、単調な日々を繰り返すだけで季節が終わってしまいます。

 

するともうなんかね、「このままでいけるんじゃない?」みたいに思うんです。

親の死や環境の変化、先々に来るとわかっている危機をあたまでは理解していても、「ホントに来るの?」みたいな感覚になっていました。

 

この状態からいきなり

「あ、人っていつか死ぬわ」

と素直に思えたのです。

 

そりゃもーニート脱出するしかないでしょ!?笑

 

 

気づいたきっかけ

そのことに気づいたきっかけについても書きます。ぶっちゃけ本当にささいなことでした。

 

ある時、台所でテレビを見ながら父親と話していました。話の内容は、最初はまあテレビでやっていたニュースにまつわる世間話とかそんなものだったと思います。

 

会話の流れは覚えていませんが、父親がこんなことを言ってくれたのです。

 

「お前が今22歳だけど、まあ25、6歳くらいまでにどこかの専門学校かなんかに行ってもらって、手に職をつけるなりなんなりして、35歳くらいまでに1人で稼いで生活できるようになってくれたらいいな。そのくらいまでなら父さんもお金出せるし」

 

この言葉を聞いた時ぼくにの頭に「あ、そうか、おれ、いつか死ぬわ」と言う事実が落ちてきました。

 

それはもうスコンと、高校の卒業証書のフタと本体をつけたり外したりする時くらいスコンと落ちてきました。

 

その後はもう今までの人生への後悔と絶望とこれからへの再起の誓いとしか言えないです。うまく言語化できないです。

いや具体的なこと言うと丸一日くらい寝込んでそこから猛勉強始めたんですけど。

 

気づいたあとは揺り戻しがひどかったですが、もう前に進むしかないと逆に腹が決まり瞬間的に頑張れたんですね。

 

 

その後

そのあとは他の記事に書いているような人生を送ってきました。

 

本気で受験すると決めてから受験日まで1ヶ月程度しかなかったですか、一日の活動時間のほとんどを勉強に費やすことでどうにか関西の中堅私大(関東で言う日東駒専)に合格することができ、晴れて実家からも離れることとなります。

 

関西に居を移してからはサークルをしたりバイトをしたり、海外インターンに行ったりヒッチハイクをしたり、クリスマスイブのUSJにてでっかいスケッチブックにクリボッチと書いてカップルに写真を撮ってもらったりするどこにでもいる普通の大学生になりました。

 

 

これからについて

僕のこれからについてはまだまだ未定です。

人生の方向性がいまだ、中年女性が使用するダイエット器具よりもブレブレです。

 

面白いことがしたい。脳細胞が沸騰して死滅するようなものが作りたい。アドレナリンにまみれて死にたい。そんなことを日々思っています。

 

やりたいことの具体例はまた別記事に書かせてもらいます。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

それじゃまたねー!

 

スポンサードリンク