自由研究は終わらない

個性とわかりにくさの境界線をさまよい歩くブログ。

クリスマスのUSJでクリボッチを掲げた僕が教える「アホなことをするためのノウハウ」

f:id:kenichiakiyama:20170520013610j:plain

どうもこんにちは!

元ベテランニート社会人の秋山です!

 

ものの自己啓発本には「成功する人としない人の違いはたった1つ、やるかやらないかだ」というような言葉が記されていると風の噂で誰かに聞いたような気がします。ハイ。

 

これはもう昔からそうで、どのくらい昔からかというとフクイラプトルが主食の草を探して野山を駆け回っていた頃からというのはいくらなんでも言い過ぎですが、日本人の90パーセント以上がエッサホイサとお米を作っていた頃からはそうなんじゃないかと思っています。

 

だっていうじゃないですか

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損」

てね。これもきっと同じことを言っているんだと思うんですよ。

 

 

何が言いたいかというと、「それはわかってるけど行動できないんだよ!」という人のために行動するためのコツ的なのをシェアしたいなーという話です。

クリスマスイブのUSJででっかいスケッチブックに「クリボッチ」と書いてカップルに写真とってもらったこの僕がね

 

 

ごめんね今日疲れてるから文章が適当だよう。多分高確率で編集はいるよこれ。見方を変えればこの文章を読めた君は超ラッキー!今耳掃除したらいい感じにほっこり何かが取れるよ!

 

 

ほんじゃいきます。

 

1 周りの人に言う

これは効果あります。僕も実際クリスマスUSJの企画思いついた時にツイッターで流してしまって、引っ込みつかなくなったのでやったみたいな部分はあります。

 

自分で言っといて当日になってやらないとかかっこ悪いですからね。

(この記事も毎日更新を宣言したから書いてるってことはナイショ)

 

 

2 「実行する」以外の準備を整える

心理的、物理的な効果が両方期待できます。USJの企画でいうと、「スケッチブックを買う」「USJまでの道を調べる」とかをさっさとやっちゃうってことです。これをする時は自分を騙して

 

「いや実際やるかどうかは置いといてね?準備だけ、準備だけしておこうよ。あれじゃん?やる気になった時に準備してなかったからできなかったーとかすげーかっこ悪いじゃん?やめるならちゃんとやめたいじゃん?そういういみでねーーーーーー」

 

と心でつぶやきながらなら準備もサクサク進みます。

 

 

3 最後は中二病スピリット

結局これが一番大事かもしれない。人と違うことをやること自体を楽しめないと、アホになって行動してもあんまり楽しくないんですよね。だって人と同じがいいなら見る阿呆になってたほうがいいですから。

 

だから踊る阿呆になる一番の近道は、前向きな中二病スピリットを持つことだと言えるわけです。あくまで前向きのやつですよ!行動しない中二病に価値はありませんよ!

 

 

さて今回はこんなところです。

それではまたー!

 

スポンサードリンク