アソビクラフト

生きることは作ること。作ることは遊ぶこと。

DIYアドバイザーってなに?受験するから全部調べました!

どうもこんにちは!

DIYアドバイザー試験の1次に受かったばかりの秋山健一です。

この記事は最終試験である2次の結果を待ちつつ書いています。これを書いておいて落ちていたら少し恥ずかしいですね。

 

さて、DIYが好きな人ならきいたことのある資格「DIYアドバイザー」。僕も海外インターンで働いていたハンバーガー屋さんで棚を作るくらいにはDIYが好きなので、この度受験することにしました。

 

そこでまず「知っておいた方がいいだろうな」という資格の概要をざっくりまとめてみました。誰かの役に立ったなら嬉しいです。

 

 

 もくじ

  • DIYアドバイザーとは?
  • DIYアドバイザーは何ができるの?
  • 資格はどうやったら取れるのか?
  • 試験の時期と方式は?
  • 取得にかかるお金は?
  • 試験勉強はどうすればいい?

 

…もくじを踏んでも段落にジャンプはしないです。やり方がわからない…。精進します…。

 

 

 

DIYアドバイザーとは?

一般社団法人の「日本ドゥイットユアセルフ協会」が主催している資格です。協会のホームページを覗くとしっかりした説明が書いてありますが、僕が独断と偏見でざっくり要約すると自分の暮らしを自分で豊かにしたい人にアドバイスをする人の資格ということらしいです。

もし違っていたらすみません!気になる方は下↓の境界ホームページをみてください。

DIYアドバイザー資格試験 - 日本DIY協会

(初めてURL貼りました。はてなブログって便利)

 

 

DIYアドバイザーは何ができるの?

資格を取ったらきになるのはその効能、ありがたみです。危険物取り扱いの免許がないと危険物を取り扱えないように、資格を取るからには何かメリットが欲しいもの。

しかし残念ながらDIYアドバイザーにはそのような実利的な部分はあまりありません。あくまでアドバイスをするための知識や技能を保証するための資格なので、これを取っていれば何かが許可される、といった資格ではないんですね。

ホームセンターの店員さんや、カルチャースクールの先生になるなら多少有利に働くかもしれない。と言ったところでしょう。

DIY方面でもっと本格的に家を作ったり、改修工事をしたいのなら別の資格を取ることをオススメします。この資格はあくまで入り口や助言のためのものですから。

 

 

 

資格はどうやったら取れるのか?

資格の取り方ですが、他の資格と同じように協会が主催している試験を受けて合格したら 取得できます。受験方法は書類を取り寄せての応募ですので、下記のリンクから申し込むのが早いです。というか多分それしか方法がないです。

 DIYアドバイザー資格試験 - 日本DIY協会

 

 

 

 

試験の時期と方式は?

試験の申し込み時期は大体6月の中旬〜7月の中旬くらいです。これまでがそうだっただけなので2018年以降はどうなるかわかりません。

そして試験は1次と2次に分かれており、1次試験が筆記テスト、2次試験が実技テストとなっています。

試験の開催時期は、1次試験が8月半ば、2次試験が11月半ば、とそれなりに期間が空いていますね。僕も1次試験受かってから2次試験まで長かったので、気をぬいてしまったりしました。

 

ちなみに1次試験はちょっと変わった問題形式で、「◯×で答える4つの問題があり、4つ全部正解なら1問正解扱い。それが数十問出てくる」という感じです。僕の文章力ではルールを正確に伝えられそうにないです。詳しくは過去問をみてください

 

 

 

 

取得にかかるお金は?

DIYアドバイザー取得までには結構お金がかかります。まず申し込むのに14,000円強。そして 1次試験に受かったら実技研修に16,000円強。さらに2次試験に受かったら協会に登録するための登録料として14,000円がかかります。そして勉強のための教科書も必要なのでプラス6000円くらい必要です。

総額で5万円強くらいはかかりますね。

 

 

 

 

 

DIYアドバイザーの勉強方法は?

勉強方法については1次と2次で全然違います。

 

1次試験は暗記科目なので、とにかく教科書と過去問を徹底的に覚えれば受かります。僕がやった方法は

  • 過去問を「接着剤」などのジャンルごとに6年分通しでやる

というもの。これをすべてのジャンルで行えば効率的に知識が覚えられます。マジおすすめです。これを教えてくれた会社の先輩にこの場を借りてお礼を言いたいです。

 

他には細かな受験テクニックとして「試験本番で知らない単語が出てきたら×を選ぶ」というのもやっていました。感覚値ですが、本当にそうなんです。なんやねんこれ?知らんがな!と思う単語が出た時は大抵バツでした。

 

 

 

2次試験は実技なので、実際に練習するのが一番です。と言いたいところですが、僕はマンション暮らしでそうそう木材を切ったりネジを打ったりするわけにも行きません。どうしたかというとずっとユーチューブで動画を見てました。

その時見てた動画はそのうちまとめて記事にします。

 

 

 

 

 

DIYアドバイザーに関してはこんな感じですかね。意外と長い記事になりました。これから受験する方も、しない方も、まあなんかいい感じで頑張ってくださいねー!

ではまた!

 

 

 

 

スポンサードリンク